保険業界

保険業界・時事

損害保険事業における「共通化・標準化」の意義と今後の展開 Vol.6 「共通化・標準化」への歩み 適切な業界協調とは①

損害保険事業における「共通化・標準化」の意義と今後の展開のVol.6記事です。「共通化・標準化」へと歩みを進めていく上での適切な業界協調について考えていく記事になります。
保険業界・時事

ホケンノミライ2024 金融庁Japan Fintech Week連携イベントが開催されました

金融庁Japan Fintech Week連携イベントである「ホケンノミライ2024」が3/8に開催されました。企業代理店portもメディアとして支援をいたしまました。本記事では各種メディアに掲載の記事をまとめます。
保険代理店

保険会社と保険代理店の違い

保険会社と保険代理店の違いについて説明し、それぞれの収益構造にも触れていきます。
保険業界・時事

損害保険事業における「共通化・標準化」の意義と今後の展開 Vol.5 新たな「共通化・標準化」に向かう背景

損害保険事業における「共通化・標準化」の意義と今後の展開のVol.5記事です。様々な背景から必要最小限の範囲の業界協調にとどまる状態となった一方でその後、業界協調が再評価されることになる出来事が起こります。今回はその部分を解説する記事になります。
保険業界・時事

損害保険事業における「共通化・標準化」の意義と今後の展開 Vol.4 「共通化・標準化」の前史 保険自由化による「業界協調」の崩壊②

損害保険事業における「共通化・標準化」の意義と今後の展開のVol.4記事です。業界協調の見直しについて、③独禁法の遵守、④保険会社間の競争激化の2つについて説明していきます。
保険業界・時事

損害保険事業における「共通化・標準化」の意義と今後の展開 Vol.3 「共通化・標準化」の前史 保険自由化による「業界協調」の崩壊①

損害保険事業における「共通化・標準化」の意義と今後の展開のVol.3記事です。保険自由化に伴い業界協調の見直しが求められるようになっていきますが、その動きについて保険業法の全面改正、日米保険協議の2つから解説していきます。
保険業界・時事

損害保険事業における「共通化・標準化」の意義と今後の展開 Vol.2 「共通化・標準化」の前史 保険自由化前の「業界協調」

保険事業における「共通化・標準化」の意義と今後の展開のVol.2記事です。損害保険業界における共通化や標準化の前史として、保険自由化前の「業界協調」に対して損保協会が果たしていた役割や使命に触れていきます。
保険業界・時事

損害保険事業における「共通化・標準化」の意義と今後の展開 Vol.1 はじめに

企業保険の価格調整問題やビッグモーターの問題など、昨今様々な場所で保険業界のニュースを耳にします。今回は損害保険業界における共通化・標準化についての栗山泰史氏レポートを複数回に渡ってお届けします。